友見の普通LIFE

どこにでもいる「普通の主婦」友見です。そんな友見の普通LIFEをお届けします。

2017年07月

ブログネタ
ひとりごと に参加中!
以前にも記事にしたと思いますが、腰痛持ちです。
ギックリいってしまうと大変なことになってしまうので、「あれ?なんかおかしい」と違和感を感じたら、すぐに湿布を貼って、ギックリいくのを予防するようにしています。

先日、違和感…というよりは「軽く痛い」という状態に陥りました。変な体勢でクシャミをしたのがきっかけでした。薬箱に常備している湿布を貼って早目に治そう…と考えたのですが、湿布を貼っても良くならない。

もっとよく効く湿布を求めてドラッグストアへ行き、売り場にいた薬剤師さんにアドバイスをお願いしたのですが、我が家にある湿布が、ドラッグストアに置いてある湿布の中では
一番効果があるそうでした。ガビーン、と途方にくれていたところ、薬剤師さんが私の足元を見て、「サンダルって腰に良くないんですよ」とのこと。パパッと履きやすいので、この時期はほぼ毎日サンダルを履く私。かかと部分が歩くたびにパカパカするのが腰に負担をかけるそうです。

「なるほど〜!」とサンダルはしばらく封印することに決めました。

待てよ。そういえば私、中学生くらいから、家の中では必ずスリッパを履いている。これも腰に良くないんじゃない??私、身長150cmなので、家の中の高いところ手が届かないんです。それをカバーするために、安定の悪いかかと高めのスリッパを愛用していたのです。

「このスリッパを辞めれば、腰痛も治るんじゃない?」と、潔くスリッパは寝室に放置しておくことに決めました。

20年ぶりくらいのノースリッパ生活。これで腰痛ともきっぱりお別れできる!


…ところが。ところが、です。

恐ろしいことに、ハッと気がつくと、寝室に放置したはずのスリッパを履いているのです!

多分、洗濯物の片付けなどで寝室に行った際に、無意識に履いているんでしょうね。
何度も寝室に脱ぎ捨てるのですが、気がつくとまた履いてる!もう、我が家に「スリッパ履かせ太郎」がいるとしか考えられません。

こんな調子ですが、軽い腰の痛みはいつの間にか無くなりました。今後も履かせ太郎に負けずに、ノースリッパ生活を続けていきたいです。

ブログネタ
ひとりごと に参加中!
若い頃から、大学のサークルのコンパやらアルバイト先の飲み会やら、お酒を飲む機会が頻繁にありました。と言っても、決して強い方ではなく、しかも甘いお酒しか飲めない。根が真面目な性格なので、我を忘れるような深酒もしません。

「お酒が好き」というよりは、「みんなでワイワイ言いながらお酒飲んで御飯食べている場が好き」という感じでした。

当たり前ですが、息子妊娠が発覚してから一歳過ぎの断乳まで、アルコールは一切飲みませんでした。その後も、以前のようにお酒を飲む場に誘われることもなく、数年は飲酒ゼロの期間が続きました。

…しかし、生きていると「くっそ!酒でも飲まんとやってられん!!」という夜があるものですね。少し前に、ひっさびさにお酒を飲んだわけです。スーパーで買った缶チューハイ。若い頃は2〜3本は飲めていた缶チューハイが、なんと1本飲みきれなかったのです。2口飲んだくらいでフラフラしだして、眠たくて眠たくて仕方ない。

がっかりした私は、アルコール度数低めの缶チューハイが存在することを知りました。そして懲りずに購入。しかし、全然ほろ酔いではない!がっつり酔っ払い、夕飯の片付けもできないくらいのグダグダ具合に…。

それでも負けずに繰り返し飲んでいると、体がアルコールに慣れてくるのか、ちゃんとほろ酔いできるようになってきたのです。

息子が夏休みに突入しました…。
「コンニャロメー!」という日の夜は、ほんわかいい気分になって眠り、翌朝には笑顔でおはようできるようにしたいものです。

ブログネタ
カフェが好き。 に参加中!
まだ息子が幼稚園に入る前によく思っていたこと。
それは「一人でカフェに行って、ゆーっくりコーヒーを飲みたい」ということ。ここ数年、市内におしゃれなカフェが続々とオープンし、「行ってみたい!でも息子を連れては無理だ…」とモヤモヤしていたのです。息子が幼稚園に入って、一人の時間が出来たら、あっちもこっちも行ってやる〜、と息巻いていました。
息子が幼稚園に通うようになって今年で3年目。その間に、カフェへ行きまくったかというと…全然です。年に数回程度かな?英語もライブも一人で行けますが、カフェにお一人様で来店するのって緊張しますね。

全国チェーンなコーヒーショップならまだ行きやすいんです。メニューもいつものヤツを頼めばいいし、スタッフもみんな親切。行ってみたいけど敷居が高いのは、個人経営のカフェ。インスタなどに載っていて「わ〜いい雰囲気〜」と思っても、マスター?がいい人とは限らない。私みたいな「甘くて牛乳が入ったコーヒーが好き」なんていうけしからん客は追い返されてしまうかも…。店内のお客さんがみんな常連客で、私がふらりと店内に入ると「誰??」っていう視線で見られてしまうのではなかろうか…。とか、いろいろいろいろ心配になってしまうのです。

理想は、マスターと世間話ができるくらい親しく、のんびり本を読んで長居しても気にならない、あまり混雑しないカフェ。

友達の誰かがカフェをオープンしてくれたらいいのになぁ!週3でコーヒーを飲みに行っちゃうよ♪
あ、無料Wi-Fiもあるとなお良し!

ブログネタ
ひとりごと に参加中!
どんなに疲れていても、気分が落ち込んでいても、一晩眠ればスッキリ爽快!な体質でした。ところがここ数年で、その体質が変わって来たような気がするのです。

どんなに早く寝ても、翌朝体が回復しない!それどころか、寝起きになんだかあちこち体が痛い!あ〜歳をとるの嫌だ〜なんて嘆いていたのですが、この疲労感、もしかしたら年齢のせいだけではなく、布団に原因があるかもしれない、ということに気がつきました。


我が家では、和室に布団を敷いて、子どもも一緒に寝ます。しかしある日、私のいびきがうるさかったようで、旦那だけ寝室にある普段は誰もつかっていないベッドで寝たのです。その翌朝、「あー久々にベッドで寝たらスッキリした〜」と起きてきた旦那。旦那も寝起きに「体が痛い…」といっていたのに、ベッドで寝るとスッキリするですって??

我が家の布団は、数年前に旦那のお母さんが仕立てくれた綿布団です。当時はふっかふかで、畳むのが大変なくらいの分厚さでした。毎日毎日敷いているうちなすっかりぺちゃんこになってしまった布団。打ち直しをしてふかふかを復活させよう〜と考えてはいるものの、行動には移さず…。布団の打ち直しって、そこそこいい値段するんですよね。

でも布団を変えればこの疲労感も無くなるのか〜といろいろ調査していると「高反発マットレス」というものを発見しました。
高反発?低反発なら知っているけど…とよくよく見てみると、アスリートの方などが使っていることでおなじみのアレでした。

一流アスリートが使っているだけのことはあって、我が家で購入できるような金額の寝具ではありません。打ち直しも高いって思ってたけど…高反発マットレスに比べたら格安だ。疲れを翌日に残さないためにも…本気で打ち直しを考えようっと!

ブログネタ
日々の出来事 に参加中!
去年の夏の終わり頃、我が家のリビングに設置しているエアコンから突然水が垂れはじめました。購入した家電量販店に連絡して修理に来てもらったのですが、故障ではないとのこと。業者にエアコンクリーニングをしてもらえば直るかも、とのことでした。去年の時点で購入して8年。フィルターの掃除はしていましたが、業者にお願いして内部まで洗浄してもらったことはありませんでした。

そうかそうか。クリーニングしてもらえば直るのか……と考えているうちに夏が終わりました。
冬場、暖房を使っている間は水漏れしないのですっかり忘れていたのですが、今年の6月に入ってから「あ!エアコンクリーニング!」と思い出して、業者に依頼。考えることはみんな同じみたいで、すぐには予約が取れず、7月初めに来てもらうことになりました。

というわけで、先日やっとエアコンクリーニングが修理したのですが…結果…最悪です。

まず、水漏れは止まりました。が、冷房が効きません。風は出ているのですが、冷風ではなく扇風機のような感じ。それでもそのうち冷たい風が出てくるかも…と運転を続けていたら、まさかの水漏れ再開!
部屋は冷えない、水漏れするという最悪の状況に陥っています。

今年で9年目の我が家のエアコン。寿命、というにはちょっと早いような気もするのですが〜。

まだ真夏でなくてよかったですが、これからエアコンクリーニングを考えられてる方には、万が一に備えて春・秋にクリーニングすることをオススメします。

このページのトップヘ