ブログネタ
ちょっと困ってることってありますか? に参加中!
思い起こせば、高校生の頃?私の鼻の表面にポツポツと怪しいヤツが現れ始めたのです。怪しいヤツとは、「角栓」と呼ばれる、女子の敵のことです。女子高生は、「脂と汚れが混ざった不潔なもの」を堂々と顔の上に載せて日々を過ごすわけにはいかないのです!

こんなもの、すぐに消してやる!と、いろんな商品を試しました。今は見かけませんが、シートタイプのパック。泥が汚れを吸着する、とかいうパック。どちらも、バリッと剥がした時に角栓のヤツがくっついていると、快感を覚えたものです。

しかし、取っても取ってもヤツは現れる。まさにいたちごっこ。女子高生時代から20年以上経った今も、角栓と格闘しております。
酵素で溶かすタイプの洗顔料を使ったりもしていますが、多分全く溶けていない…。

鼻からニョキニョキと顔を出しているヤツを見つけると、爪でギュッと押し出してしまいます。皮膚を傷つけるから良くない、とは分かっていても、この方法が一番効く気がするんですよね。

しかし先日、驚きの真実が明らかになりました。角栓を無くす方法、それは……「何もしない」だそうです。どうにかして除去しようと肌に合わないスキンケアを行ったり、爪で押し出したりすることで皮膚の状態が悪くなり、脂が過剰に出るなどして角栓が悪化するとか。

一番良い方法は、肌に合ったスキンケア・保湿を行い、皮膚の状態を良くすること。そうすれば、過剰な脂の分泌がなくなり、汚れも肌の自浄作用によって無くなり、角栓は自然と消えるらしいです。

えーーー!何それ!今まで角栓除去のために費やしたお金と時間と労力はなんだったのか…。

しかし、洗顔後に鏡を見るたびに、やっちゃダメと分かっていても爪でギュッとやっちゃうんだな。

ということで、ちょっと困っているのは、角栓……ではなく、角栓をほっとくことが出来ない私の意思の弱さです…。