ある日のこと。「焼きそば食べたい」と旦那がつぶやきました。

「オッケーオッケー」とスーパーへ出かけ、お昼ご飯に塩焼きそばを作ったのです。そうしたらば・・・旦那に怒られたのです


「普通、焼きそばっていったらソース焼きそばを想像するでしょうが俺の口は完全にソース味を欲していたのに」ですって。



私、焼きそばに限らず、何でも「塩味」が好きだということに気が付きました。
焼き鳥も焼肉も塩。天ぷらも塩。トンカツも塩。旦那に気味悪がられるので最近はやりませんが、子どもの頃からお餅は「塩湯」につけて食べるのが大好きでした。そう。お椀に塩を少しいれてお湯を注ぎ、その中に焼いたお餅を入れて食べるのです。
最近、お寿司も塩で食べる人がいるという話を聞いて、実践してみたくてしようがありません。

サラダを作るときにマカロニを塩湯でしますが、茹で上がったばかりのほんのり塩味のするマカロニのつまみ食いが止まりません。コンビニでおにぎりを買うときは海苔や具のない「塩おにぎり」を買います。冷奴も醤油でなくて塩(ごま油をプラスすることも)で食べます。

薄味好みで食材本来の味を楽しみたい派なので、少しの塩があれば十分なんです。それを、ソースとか!そんないろんなものが混ざった調味料で味付けするなんて!焼きそばに使っている野菜や肉や麺の味が分からなくなってしまわないのだろうか!

と旦那にモヤモヤしてしまいました。
たまには、塩焼きそばもいいじゃないですか。

そういえば私、男の人の顔も「塩顔」と言われるさっぱり系が大好物だった