友見の普通LIFE

どこにでもいる「普通の主婦」友見です。そんな友見の普通LIFEをお届けします。

ブログネタ
ひとりごと に参加中!
以前にも記事にしたと思いますが、腰痛持ちです。
ギックリいってしまうと大変なことになってしまうので、「あれ?なんかおかしい」と違和感を感じたら、すぐに湿布を貼って、ギックリいくのを予防するようにしています。

先日、違和感…というよりは「軽く痛い」という状態に陥りました。変な体勢でクシャミをしたのがきっかけでした。薬箱に常備している湿布を貼って早目に治そう…と考えたのですが、湿布を貼っても良くならない。

もっとよく効く湿布を求めてドラッグストアへ行き、売り場にいた薬剤師さんにアドバイスをお願いしたのですが、我が家にある湿布が、ドラッグストアに置いてある湿布の中では
一番効果があるそうでした。ガビーン、と途方にくれていたところ、薬剤師さんが私の足元を見て、「サンダルって腰に良くないんですよ」とのこと。パパッと履きやすいので、この時期はほぼ毎日サンダルを履く私。かかと部分が歩くたびにパカパカするのが腰に負担をかけるそうです。

「なるほど〜!」とサンダルはしばらく封印することに決めました。

待てよ。そういえば私、中学生くらいから、家の中では必ずスリッパを履いている。これも腰に良くないんじゃない??私、身長150cmなので、家の中の高いところ手が届かないんです。それをカバーするために、安定の悪いかかと高めのスリッパを愛用していたのです。

「このスリッパを辞めれば、腰痛も治るんじゃない?」と、潔くスリッパは寝室に放置しておくことに決めました。

20年ぶりくらいのノースリッパ生活。これで腰痛ともきっぱりお別れできる!


…ところが。ところが、です。

恐ろしいことに、ハッと気がつくと、寝室に放置したはずのスリッパを履いているのです!

多分、洗濯物の片付けなどで寝室に行った際に、無意識に履いているんでしょうね。
何度も寝室に脱ぎ捨てるのですが、気がつくとまた履いてる!もう、我が家に「スリッパ履かせ太郎」がいるとしか考えられません。

こんな調子ですが、軽い腰の痛みはいつの間にか無くなりました。今後も履かせ太郎に負けずに、ノースリッパ生活を続けていきたいです。

ブログネタ
ひとりごと に参加中!
若い頃から、大学のサークルのコンパやらアルバイト先の飲み会やら、お酒を飲む機会が頻繁にありました。と言っても、決して強い方ではなく、しかも甘いお酒しか飲めない。根が真面目な性格なので、我を忘れるような深酒もしません。

「お酒が好き」というよりは、「みんなでワイワイ言いながらお酒飲んで御飯食べている場が好き」という感じでした。

当たり前ですが、息子妊娠が発覚してから一歳過ぎの断乳まで、アルコールは一切飲みませんでした。その後も、以前のようにお酒を飲む場に誘われることもなく、数年は飲酒ゼロの期間が続きました。

…しかし、生きていると「くっそ!酒でも飲まんとやってられん!!」という夜があるものですね。少し前に、ひっさびさにお酒を飲んだわけです。スーパーで買った缶チューハイ。若い頃は2〜3本は飲めていた缶チューハイが、なんと1本飲みきれなかったのです。2口飲んだくらいでフラフラしだして、眠たくて眠たくて仕方ない。

がっかりした私は、アルコール度数低めの缶チューハイが存在することを知りました。そして懲りずに購入。しかし、全然ほろ酔いではない!がっつり酔っ払い、夕飯の片付けもできないくらいのグダグダ具合に…。

それでも負けずに繰り返し飲んでいると、体がアルコールに慣れてくるのか、ちゃんとほろ酔いできるようになってきたのです。

息子が夏休みに突入しました…。
「コンニャロメー!」という日の夜は、ほんわかいい気分になって眠り、翌朝には笑顔でおはようできるようにしたいものです。

ブログネタ
カフェが好き。 に参加中!
まだ息子が幼稚園に入る前によく思っていたこと。
それは「一人でカフェに行って、ゆーっくりコーヒーを飲みたい」ということ。ここ数年、市内におしゃれなカフェが続々とオープンし、「行ってみたい!でも息子を連れては無理だ…」とモヤモヤしていたのです。息子が幼稚園に入って、一人の時間が出来たら、あっちもこっちも行ってやる〜、と息巻いていました。
息子が幼稚園に通うようになって今年で3年目。その間に、カフェへ行きまくったかというと…全然です。年に数回程度かな?英語もライブも一人で行けますが、カフェにお一人様で来店するのって緊張しますね。

全国チェーンなコーヒーショップならまだ行きやすいんです。メニューもいつものヤツを頼めばいいし、スタッフもみんな親切。行ってみたいけど敷居が高いのは、個人経営のカフェ。インスタなどに載っていて「わ〜いい雰囲気〜」と思っても、マスター?がいい人とは限らない。私みたいな「甘くて牛乳が入ったコーヒーが好き」なんていうけしからん客は追い返されてしまうかも…。店内のお客さんがみんな常連客で、私がふらりと店内に入ると「誰??」っていう視線で見られてしまうのではなかろうか…。とか、いろいろいろいろ心配になってしまうのです。

理想は、マスターと世間話ができるくらい親しく、のんびり本を読んで長居しても気にならない、あまり混雑しないカフェ。

友達の誰かがカフェをオープンしてくれたらいいのになぁ!週3でコーヒーを飲みに行っちゃうよ♪
あ、無料Wi-Fiもあるとなお良し!

ブログネタ
ひとりごと に参加中!
どんなに疲れていても、気分が落ち込んでいても、一晩眠ればスッキリ爽快!な体質でした。ところがここ数年で、その体質が変わって来たような気がするのです。

どんなに早く寝ても、翌朝体が回復しない!それどころか、寝起きになんだかあちこち体が痛い!あ〜歳をとるの嫌だ〜なんて嘆いていたのですが、この疲労感、もしかしたら年齢のせいだけではなく、布団に原因があるかもしれない、ということに気がつきました。


我が家では、和室に布団を敷いて、子どもも一緒に寝ます。しかしある日、私のいびきがうるさかったようで、旦那だけ寝室にある普段は誰もつかっていないベッドで寝たのです。その翌朝、「あー久々にベッドで寝たらスッキリした〜」と起きてきた旦那。旦那も寝起きに「体が痛い…」といっていたのに、ベッドで寝るとスッキリするですって??

我が家の布団は、数年前に旦那のお母さんが仕立てくれた綿布団です。当時はふっかふかで、畳むのが大変なくらいの分厚さでした。毎日毎日敷いているうちなすっかりぺちゃんこになってしまった布団。打ち直しをしてふかふかを復活させよう〜と考えてはいるものの、行動には移さず…。布団の打ち直しって、そこそこいい値段するんですよね。

でも布団を変えればこの疲労感も無くなるのか〜といろいろ調査していると「高反発マットレス」というものを発見しました。
高反発?低反発なら知っているけど…とよくよく見てみると、アスリートの方などが使っていることでおなじみのアレでした。

一流アスリートが使っているだけのことはあって、我が家で購入できるような金額の寝具ではありません。打ち直しも高いって思ってたけど…高反発マットレスに比べたら格安だ。疲れを翌日に残さないためにも…本気で打ち直しを考えようっと!

ブログネタ
日々の出来事 に参加中!
去年の夏の終わり頃、我が家のリビングに設置しているエアコンから突然水が垂れはじめました。購入した家電量販店に連絡して修理に来てもらったのですが、故障ではないとのこと。業者にエアコンクリーニングをしてもらえば直るかも、とのことでした。去年の時点で購入して8年。フィルターの掃除はしていましたが、業者にお願いして内部まで洗浄してもらったことはありませんでした。

そうかそうか。クリーニングしてもらえば直るのか……と考えているうちに夏が終わりました。
冬場、暖房を使っている間は水漏れしないのですっかり忘れていたのですが、今年の6月に入ってから「あ!エアコンクリーニング!」と思い出して、業者に依頼。考えることはみんな同じみたいで、すぐには予約が取れず、7月初めに来てもらうことになりました。

というわけで、先日やっとエアコンクリーニングが修理したのですが…結果…最悪です。

まず、水漏れは止まりました。が、冷房が効きません。風は出ているのですが、冷風ではなく扇風機のような感じ。それでもそのうち冷たい風が出てくるかも…と運転を続けていたら、まさかの水漏れ再開!
部屋は冷えない、水漏れするという最悪の状況に陥っています。

今年で9年目の我が家のエアコン。寿命、というにはちょっと早いような気もするのですが〜。

まだ真夏でなくてよかったですが、これからエアコンクリーニングを考えられてる方には、万が一に備えて春・秋にクリーニングすることをオススメします。

ブログネタ
日々の出来事 に参加中!
ふと気がつけば、もう数年健康診断を受けていません。以前、旦那の加入している健康保険で扶養者も健診を受けられていたので、そのご案内を待っていたのですが、旦那には健診のご案内が来るのに私には届かない。旦那に聞くと、どうやら扶養者が健診を受けられるシステムが無くなったようです。早く言ってよ。これからは、自分で医療機関に予約を入れて、健診を受けなければなりません。

幸い我が家の近くに大きな病院があり、そこで健診を受けられるのですが、「近くにある」ということで安心してしまい、なかなか電話をかけるに至らないという…。

これまでに何度か健診は受けて来ましたが、大きな異常はなし。ただ、いつも中性脂肪の値が低くて低くて引っかかっていました。
中性脂肪が多くて注意が必要なのは分かるのですが、少なくてもダメみたいです。

ちなみに私、どちらかというとポッチャリ体型ですよ。

「脂肪」と名のつくものは少ない方がいいに決まっている、と思い込んでいましたが、調べてみたところ、中性脂肪が少ないということは、血液中の脂肪が少ないということらしいです。

症状としては、めまいやふらつき・倦怠感など。あるある!だるさやめまい、あります!
これは中性脂肪が少ないことが原因だったのか〜!

対策としては3食きちんと食べる・食事制限をしない、などがあるようです。…3食もりもり食べている私はどうしたらいいのでしょうか。

次の健診でまた中性脂肪が低かったら、先生に相談してみよう。

ブログネタ
どうでもいい話 に参加中!
…というわけで、遠方でふらりと入ったコーヒー屋さんでバックアップの作成を試みました。すると「残り時間を計算中」との表示。以前、スマホを買い換えたた時に生まれて初めてのバックアップ作成をモバイルショップで行ったのですが…数時間かかりました。スタッフの方からも「初めては時間がかかります」と説明を受けていたのでスマホを預けて一旦ショップを出て、数時間後に受け取りに行く、という面倒くさいことになりました。

しかし今回は初めてではないのです。残り時間も…ほら、7分と出ました。7分か。ここで30分くらいは時間を潰すつもりなので、良かった良かった。


とランチを食べコーヒーをチョビチョビ飲み、スマホの画面を確認。

残り7分。

????あれから5分以上は経っているけど、まだあと7分?

それからはなんだか気になって、画面をこまめに確認。

!!!7分が8分になり、あれよあれよと増えて18分、

そして、「残り18分」から20分近く経過しても「残り18分」

とっくにランチは食べ終わり、コーヒーも残り少し。そろそろ次の目的地へ向かいたいんだけど…。

結局、40分近くかかってやっとバックアップの作成が終わりました。

スマホって、手に収まるサイズの端末で電話が出来てメールが送れて動画が観られて買い物もできて、本当にすごい機械だと思うのですが…アップデート作成の残り時間の計算は苦手なようですね。

ブログネタ
どうでもいい話 に参加中!
数年前にガラケーからスマホに切り替えたのをきっかけに、それまで契約していたネット回線を解約しました。家のパソコンは、スマホのテザリング機能を使って繋ぐことになったのです。

「テザリング」なんて言葉、それまで聞いたこともありませんでした。数年使っていても仕組みがよく分かっていないのですが、要するに私のスマホがルーター(?これもよく分かっていない)の役割を果たすのです。

スマホの設定画面から何かをONにすると、パソコンがその電波?を拾ってくれて、ネットに繋がります。自宅にネット回線を引くのに比べると毎月の費用がかなり安くなり、「なんて便利な機能なんだ!」と有り難く活用させてもらっていました。


ところが、問題が起きてしまったのです。スマホの画面に現れる「アップデートして下さい」っていうやつ。あれ、Wi-Fiに接続していないと出来ないんですよね。

え?Wi-Fiってどこで接続するの?

友人に尋ねると、「自宅にWi-Fiあるから」と。

なるほどー!我が家ではスマホのテザリングでパソコンをネットに繋いでしまうけど、みんなは自宅にWi-Fiがあって、それを使ってネットに接続しているのかー!

というわけで、近所のコーヒー屋さんやショッピングモールなど無料Wi-Fiが使える場所で接続を試みるも…なぜか我が家周辺の無料Wi-Fiは電波?が弱く、すぐに切断されてしまう…。
そんなわけで、アップデートも表示が出てから数ヶ月放置。バックアップなんて、年単位で放置。という状態だったのです。

ところが、ちょっと遠出した先で時間を潰さなければならない状況に陥り、ふらりと入ったコーヒー屋さんが…めっちゃWi-Fi繋がる!今ここでまずはバックアップを作成〜!と気楽にバックアップ作成を始めた私の悲劇は、また次回…。

ブログネタ
日々の出来事 に参加中!
普段、マニキュアもペディキュアも塗らない私ですごが、裸足になることが多くなる夏場だけ、ペディキュアを塗ります。

足の爪って、なんだか黄ばんでませんか?え、私だけ?そのちょっと黄ばんだ爪をごまかすために、色を塗ります…。

手の爪はナチュラルカラーが好みですが、足の爪はカラフルにしたい!ということで、毎年ブルー系やグリーン系の全くナチュラルでない色を選んでいます。

去年はグリーン系だったので、今年はブルー系。歳も歳ですので、あまりビビッドなブルーにはせず、ちょっとくすんだようなブルーを選びました。

そして、ペディキュアを塗った初日。お風呂上がりに裸足で歩く私の足にさっそく息子が食いついてきました。

「ママ!足の爪が変よ!」

5歳の息子がペディキュアの存在を知るはずもないので当然の反応です。

面白いので
「え?本当だ!なんでこんな色になっているの〜⁉︎」
と話を合わせます。

ちなみに、去年も同じやり取りが行われました。
夏の間は同じ色を塗り直して色をキープしますが、夏が終わったらほったらかし。除光液で落としたりせず、伸びて切って伸びて切ってを繰り返して自然にペディキュア部分がなくなるのを待ちます。
そして息子に
「あー良かった!やっと普通の爪が生えてきたよ」
と伝えて、ペディキュア騒動は幕を降ろすのです。


今年もこの一連のやり取りが始まる…と思っていたら、息子、
「去年は、雷が鳴った後にママの爪が変な色になったよ」と。

えー!そうだった??全く覚えていない…。

「今年は雷鳴ってないのに、変な色になったね…」
と不思議そうな息子。


しまった。息子の夢?を壊さないためにも、今年も雷が鳴るまで待ってペディキュア塗れば良かったかな…。

ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
観てきました、「美しい星」。以前に「SCOOP!」を観てから、リリー・フランキーの演技が気になっていたので、楽しみにしていました!

そして感想は…
「佐々木蔵之介に1票!」

リリー演じる火星人は、環境破壊をやめ、美しい地球を取り戻そう!と人間に訴えるます。しかし佐々木演じる謎の男は、「そもそも地球の環境がおかしくなっているのは長い地球の歴史の中で定期的に訪れるサイクルなわけで、人間が影響しているだなんて奢りだ」というのです。まあ、人間がそのサイクルを早めているとは思いますが。他にも、恐竜が滅びたように人間もいずれ滅びる運命だとか。「自然って美しい」という人間は、その自然の中に自分を含めていない、とか。


極端かもしれませんが、そういう考え方も面白い!と感じてしまいました。

いま、地球の上で人間が主導権を握っているかのように振舞っていますが、人間も地球の一部のはず。どうして、他の動物とこんなにかけ離れた文明を持ってしまったのでしょうか。

人間が滅びて数万年後とかに現れる新しい生物に、人間はどのように解釈されるのだろうか…。
イカンイカン、息子のセンス オブ ワンダーが移ったみたい。

三島由紀夫による原作は、1962年に発表されているため、また映画とは時代背景など変わってくるでしょう。読んでみたい!と図書館を訪れましたが、貸し出し中だったため、予約をしてきました。

誰が借りてるか知らないけど、早く返却してくださーーい!

ブログネタ
ちょっと困ってることってありますか? に参加中!
思い起こせば、高校生の頃?私の鼻の表面にポツポツと怪しいヤツが現れ始めたのです。怪しいヤツとは、「角栓」と呼ばれる、女子の敵のことです。女子高生は、「脂と汚れが混ざった不潔なもの」を堂々と顔の上に載せて日々を過ごすわけにはいかないのです!

こんなもの、すぐに消してやる!と、いろんな商品を試しました。今は見かけませんが、シートタイプのパック。泥が汚れを吸着する、とかいうパック。どちらも、バリッと剥がした時に角栓のヤツがくっついていると、快感を覚えたものです。

しかし、取っても取ってもヤツは現れる。まさにいたちごっこ。女子高生時代から20年以上経った今も、角栓と格闘しております。
酵素で溶かすタイプの洗顔料を使ったりもしていますが、多分全く溶けていない…。

鼻からニョキニョキと顔を出しているヤツを見つけると、爪でギュッと押し出してしまいます。皮膚を傷つけるから良くない、とは分かっていても、この方法が一番効く気がするんですよね。

しかし先日、驚きの真実が明らかになりました。角栓を無くす方法、それは……「何もしない」だそうです。どうにかして除去しようと肌に合わないスキンケアを行ったり、爪で押し出したりすることで皮膚の状態が悪くなり、脂が過剰に出るなどして角栓が悪化するとか。

一番良い方法は、肌に合ったスキンケア・保湿を行い、皮膚の状態を良くすること。そうすれば、過剰な脂の分泌がなくなり、汚れも肌の自浄作用によって無くなり、角栓は自然と消えるらしいです。

えーーー!何それ!今まで角栓除去のために費やしたお金と時間と労力はなんだったのか…。

しかし、洗顔後に鏡を見るたびに、やっちゃダメと分かっていても爪でギュッとやっちゃうんだな。

ということで、ちょっと困っているのは、角栓……ではなく、角栓をほっとくことが出来ない私の意思の弱さです…。

ブログネタ
今年のGWの過ごし方は? に参加中!
今年…というか毎年なんですが、我が家はGWだからといって特に予定は立てません。遠出はせず、天気が良ければ日帰り出来るところへドライブしたり、旦那や私の実家へ顔を出す程度。
だって、渋滞や混雑に巻き込まれるのが嫌いなんですもの。いや、好きな人なんていないでしょうがね。

今年のGWも、私の実家へ日帰り帰省してきました。車で片道2時間。朝出て夜に帰ってくるのがいつものコースです。高速道路を使いますが、混む方向とは逆車線を使うため、「渋滞で前に進まない」なんて事態に巻き込まれたことはありません。

今年もスイスイと実家へ到着。息子と喜んで遊ぶ父・母の顔を見て帰路へ。帰りの高速道路もスイスイ。おや?前方にパトカー?クレーンも?と車を運転していると、反対車線で事故…。横転した事故車両をクレーンで移動させていました。

車線一つを塞いでいたため、その後に続く大渋滞…。私達は、その渋滞を「どこまで続いているの〜??」と心配しながらスイスイ。
「○○インターまで○キロの渋滞」とか、終わりが見えていればまだ心の準備ができますが、一体どこまで続くのか…と終わりが見えないと、不安は募るしイライラしてくるし…。

そんなわけで、我が家は明らかに混雑する連休にはあまり動かず、先週末に一泊旅行に行ってきました!
魚好きな旦那と息子の希望で、美味しい魚介が食べられる町まで。車も人も混んでいなくて、快適にドライブできましたよ〜♪

このページのトップヘ